お米の市民農園

naiyo

内 容

画像の説明

まずは10㎡のミニ自給水田でほとんどを手作業で稲作を実践します。

2年目以降、大面積を手がけることも可能です。

農薬は使用しません。

稲作実習を進めると同時に、「稲作の手順」、「人間に必要な栄養計画」、「土地の利用計画」、「水の利用計画」、「労働時間の把握」などについての講義も行い、お米作りと自給自足についての知識を深めていきます。

画像の説明

画像の説明

自給水田実習講義
11月農地見学、大豆収穫
畦作り、小麦播種
見学、参加相談
全体の流れの説明
12月大豆脱穀、麦踏み
畦作り、水路整備
①稲作の手順(総論)
②栄養計画と農地面積
1月大豆殻むき、麦踏み
畦作り、水路整備
③稲作の手順(タイミング)
④水利用計画と労働時間
2月味噌仕込み、畦作り
除草、塩水選
⑤稲作の手順(塩水選、消毒、浸種)
⑥冬期湛水不耕起移植栽培
3月水選、(温湯消毒)、(浸種)
除草、1回目播種
⑦稲作の手順(催芽、播種)
⑧稲作の手順(苗作り、除草)
4月2回目播種、除草
3回目播種、田植え
⑨稲作の手順(田植え)
5月田植え、除草田植えにつき実習のみ
6月田植え、除草、大豆播種、小麦収穫田植えにつき実習のみ
7月大豆播種、小麦脱穀、除草大豆播種につき実習のみ
8月大豆除草、(小麦製粉)
オダ足作り、(パン作り)
⑩稲作の手順(稲刈り、乾燥)
⑪経営計画
9月稲刈り、乾燥、脱穀稲刈りにつき実習のみ
10月脱穀、もみすり、精米
袋詰め、藁まき、片付け
⑫稲作の手順(脱穀、もみすり、精米、保管)
収穫祭
11月
12月
次年度生と合同次年度生と合同

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional